ケンコープラス海外医薬品通販 10,000円以上で送料無料 AGA ED治療 ジェネリック

ロパーク(Ropark) 0.5mg 100錠

ROPSN52T99
価格:5,991円 (税込)
59 ポイント
通常価格:円
% OFF

【送料について】
一度のご注文で、合計金額(税込)が10,000円に満たない場合、送料として1,000円が発生いたします。

数 量:
ITEM DATA
商品名 ロパーク(Ropark) 0.5mg 100錠
ブランド Sun Pharma
有効成分 塩酸ロピニロール(Ropinirole Hydrochloride) 0.5mg
内容量 100錠
剤形 タブレット

ロパーク(Ropark)の概要

ロパークは、Sun Pharma(サン・ファーマ)社が製造・販売しているパーキンソン病の治療薬です。先発薬であるレキップ錠のジェネリック薬品で、同量の有効成分が配合されており、日本国内でも承認されています。

内容物や効果を変えずに従来よりも安価に治療に専念することができるとして、選択されることの多い医療薬です。

 

ロパークの効果・効能

ロパークの有効成分は塩酸ロピニロールです。パーキンソン病の治療薬として、日本でも多くの患者に処方されてきた実績のある薬剤です。

パーキンソン病は50歳以降、1000人に1人が発病するとされており、60歳以降においては100人に1人が発病されるといわれています。その発生頻度によって、珍しい病気ではないことが最近では提唱されています。パーキンソン病の発症にかかわるドーパミンは、運動調節や気分の向上などにかかわっています。ドーパミンの分泌が減少する事により様々な症状が現れるのです。

パーキンソン病は、無動、安静時振戦、筋強剛、姿勢反射障害の4つの運動障害が認められていますが、自律神経の異常や鬱などの精神症状を伴うことも報告されています。

塩酸ロピニロールは、脳内のドーパミン受容体を直接刺激することで、パーキンソン病に対して作用がはたらきます。ドーパミンの代わりに受容体を刺激することで、神経機能を高めて症状を改善していく働きがあります。

 

ロパークの使用方法・注意事項

ロパークには、高い効果を期待できる実績がありますが、間違った服用方法は、副作用発生の原因になります。用法用量を守り、正しく服用してください。

初回の服用は、塩酸ロピニロールとして1回0.25mgを1日3回に分けて服用してください。その後、1週間単位で1日量を0.75mgずつ増量していき、最後の4週目で1日量を3mgとしてください。4週目以降からは、経過を観察しながら1週間以上の間隔をあけて、1日量を1.5mgずつ増量することが可能です。1日の最大投与量は15mgと決められています。超えることのないように、1日3回に分けて服用してください。

副作用としては、下記の症状が報告されています。

  • 幻覚
  • 幻聴
  • 妄想
  • 突発性睡眠
  • 発熱
  • 筋硬直
  • 発疹
  • 性欲亢進
  • 眠気
  • めまい
  • 起立性低血圧
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 意識障害などの重篤なもの

中でも、悪性症候群(発熱、筋硬直、意識障害などを伴うあらゆる症状)は重篤な結果を招く恐れがあるので、疑われるときには早急に医療機関を受診してください。

 

・使用方法に関しては、かかりつけの医師などに相談してからご使用ください。
・保管方法は、高温や湿気の多い場所は避けるようにしてください。
・副作用が出た際には、医師に相談することをおすすめいたします。

 

オススメの関連商品

レビュー

※会員様専用機能

お買いものに役立つ情報をレビューにお寄せください。

information